介護脱毛

介護脱毛

介護脱毛の必要性

介護される状態になった場合、アンダーヘアが長いままでは、排泄時に不衛生となりやすかったり、様々な肌トラブルの原因となる可能性があります。歳を重ねていくと徐々に免疫力が下がり、些細なことでも肌トラブルの原因となります。また、肌の回復力も低下しているため、いったん皮膚の「かゆみ」や「ただれ」が起きてしまうと治りにくくなり、長期間不快な状況が続いてしまう場合もあります。
介護する側にとっておむつ交換は幼児と違い、身体の大きな大人相手では体力的な負担は大きくなります。その上、アンダーヘアが長いままでは、排泄物がアンダーヘアに絡みつき、拭き取りも難しく介護する側にとってさらに負担が大きくなります。介護中の入浴も仮に週2〜3回程度と考えると陰部の臭いが発生する事もあります。そのため介護時に脱毛するのではなく、事前に介護時のエチケットとしてアンダーヘアを脱毛しておく「介護脱毛」をオススメします。

アンダーヘアが長いとおこる主なトラブル

  • 雑菌が繁殖して匂いや不衛生な肌環境を作る原因となる。
  • 排泄物がアンダーヘアにこびりつき、きれいに拭き取ることは困難となる。
  • 何度も強く拭き取ることにより肌が損傷し、皮膚が赤くただれ、痒みや痛みの原因となる。
  • 陰部の臭いが発生する可能性もある。
介護脱毛のイメージ

介護脱毛をする年代とは?

介護脱毛を始める年代としてもっとも多いのは、40代から50代の方が多いといわれています。
40代以上になると自分や配偶者の親の介護を経験し、高齢者の下の世話をすることの大変さを身をもって体験する事が多くなるからです。
自分が大変な思いをしたことで、自分の介護をしてくれる家族やヘルパーさんに同じような思いをさせたくない、できるだけ介護しやすいような状態にしておきたいという気持ちになるようです。

介護脱毛のイメージ

よもぎ蒸しご予約「ホットペッパービューティー」

ホットペッパービューティーなら
24時間予約okで
ポイントも溜まるからお得!!

ご予約はこちら

介護脱毛介護脱毛の必要性

 

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

Access Map

スキントレーニング化粧品
メディア出演

ブログ

  1. 介護脱毛 VIO脱毛 大人のVIO脱毛 デリケートゾーン アンダーヘア
  2. ナノソル
  3. ナノソル 除菌 新型コロナ コロナウイルス 感染対策
PAGE TOP